にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ

にほんブログ村

↑良ければクリックお願いします。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セガミのみことばタイム

毎日心に留まったみことばの分かち合いをしています。

街角の売春婦

f:id:gtoryota:20160923061056j:plain

 

 

街角には馴染みの売春婦が立っている

昨日から降り続ける雨は彼女の傘と彼女の裾を濡らす

彼女には雨が降り注いでいるが

雨は一人だけに降り注いでいるわけではない

それはまるで罪が一人だけに降り注ぐわけではないかのように

スタンダードなモラル スタンダードなマナー

スタンダードな義理 スタンダードな愛

利己的なモラル 利己的なマナー

利己的な義理 利己的な愛

従来私たちは利己的に人を好きになり

従来私たちは利己的に人を嫌いになる

嫌いなるとその存在は悪になり

好きになるとその存在は善になる

街角の売春婦の心を知る人はいない

罪を自覚し悔い改める売春婦と

正しさを自負しながら売春婦を嘲り見下す行き交う人々

主観に過ぎない善と悪がこの世界を蹂躙する

他人にならない限り不可能の客観はこの自分自身には存在しない

人類は自分を無条件に愛してくれている方を十字架に架けたのだ

だが彼はそれだけでは終わらなかった

愛してやまない者のため、三日後に蘇られた

街角の売春婦は赦された

彼女はそれを知り、信じたのだから

彼女は変わろうと思った。

無条件に愛されていることを知ったから。

 

 しかし神は、知恵ある者をはずかしめるために、この世の愚かな者を選び、強い者をはずかしめるために、この世の弱い者を選ばれたのです。

また、この世の取るに足りない者や見下されている者を、神は選ばれました。すなわち、有るものをない者のようにするため、無に等しいものを選ばれたのです。

これは、神の御前でだれをも誇らせないためです。

しかしあなたがたは、神によってキリスト・イエスのうちにあるのです。キリストは、私たちにとって、神の知恵となり、また、義ときよめと、贖いとになられました。

まさしく、「誇る者は主にあって誇れ。」と書かれているとおりになるためです。

第一コリント1章27節~31節

 

 

 

 良ければクリックお願いします。 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ

にほんブログ村